恋愛・復縁相談【名古屋】相手が信じてくれないときは?


ダウンロード

 

 

 

 

 

恋愛相談【名古屋】

恋愛コンサルタント堀田です。

 

懸命に説明しても

相手に信じてもらえない

 

。゚(T^T)゚。

 

こんなときは

どれだけあなたが頑張っても無理なんです。

 

人は必用と思わなければ

聞きたいことしか聞かない

したいことしかしない

こういう生き物です。

 

証拠もないことに対して

信じて欲しい!と言っても

疑いの感情が湧いてしまっている人の心には届かないんです。

 

こういう場合

あなたの言葉に耳を傾けてくれないのは

疑う ⇒ 心が傷つく ⇒ イライラ

 

つまり

好きだけど腹がたつ

という感情に支配されてしまうからです。

 

イライラ感情が湧いた場合

たとえ疑いが晴れたとしても

湧いてしまったイライラ感情は無くなりません。

 

イライラよりも強く好きという感情があれば

関係続けたいから納得しよう

という方向で考えてもらえます。

 

好きが少なくなっていれば

イライラ感情のストレスが大きいため

事実確認よりも怒りを吐き出すことが優先してしまいます。

 

相手に伝えたいことが伝わるには

聴く姿勢になってもらうことが大前提

 

こういう場合の対処法は

説得すること

ではなく

相手を聴く姿勢にすることなんです。

 

あなたの一生懸命さで相手の心に訴える

という方法も

聴く姿勢になってもらうためのものなんです。

 

こういう場合は

感情に訴えることを意識しましょう。

 

伝えても話しを聞いてもらえないときは

一言でいいです。

信じてもらえなくて悲しい(ノ_-。)

あとは沈黙してください。

 

悲しい顔や涙流せる とさらに効果的。

 

自分のイライラ感情だけにとらわれていた相手も

 

あなたが急に黙って悲しい顔になる

という急変におどろいて

あなたの気持ちを考えてくれるようになります。

 

多くを語らない方が伝わるときもあるんです。

 

人は感情で生きてます。

 

コミュニュケーションは

伝えることより

相手の気持ち 自分の気持ち

考えるとうまくいきますよ。

・お問い合わせ・ご相談はこちら

・復縁を叶える3つのアドバイス【無料メール講座】の購読申し込みはこちら