恋愛相談【名古屋】アプローチの鉄則


ダウンロード

 

 

 

 

 

彼女作り専門恋愛コンサルタント

堀田です

 

(*^ー^)ノ

 

さ今日は
「アプローチの鉄則」
についてお話しますね。

女性を惚れさせるアプローチをしていくには
【絶対に守るべきルール】

つまり

鉄則
が存在します。 Σ\( ̄ー ̄;)

それは
【こちらの好感度を女性の好感度以下に見せる】
というルールです

例えば、

女性があなたのことを
「友達くらいの親しさかなー」
と思っていたとしたら、

あなたの方も
<友達か知り合いくらいの親しさで接するべき>
ということです

なぜなら、
女性は、男性から

自分が認識している以上の好意を示されると逃げたくなるから
なんです。

女性は、

<自分がすでに魅力を感じている男性>
から好意を示されるのは嬉しいんですが、

<自分がまだ異性としての魅力を感じていない男性>
から好意を示されると、

「おもわせぶりな態度で接するのも、申し訳ないし

なので

もうこの人とはあわないようにしよう」
といった罪悪感を抱いてしまう性質があるんです。

だから、男性から
女性の連絡先を聞いたり、
デートに誘ったりはする

ためには
【なるべくこちらの好意がバレないようにしながら誘う】
という問題をクリアする必要があるのです

例えば、食事デートに誘うなら
その理由を
「君と一緒に食事したいから」
ではなく

「‘たまたま’盛り上がって
行きたいレストランの話題になったから」

などと
【女性に好意があること以外の理由付け】
をするべき・・・ということですね

しかし、実際には
<アプローチから好意がモロバレな男性>
がけっこう多いです

例えば、

1、メールの文章量が女性よりも長い
2、メールの返信ペースが女性よりも早い
3、やたら女性を褒める

などの、
<相手の女性を魅力的に感じるからこそ、ついやってしまいがちな行動>
が原因で、

直接「好きだ」とは言ってないのに、

【好きなのが丸分かりなせいで、女性に敬遠される状況】
が非常に多いのです (;´▽`A“

本当に大事なのは

<好意を示すこと>
ではなく、
【女性に「もっとあなたと話したい」と思ってもらうこと】

なのですが、

モテない人の多くが

「オレはお前が好きだ。
だからお前もオレを好きになってくれ」
というアプローチをしてフラれてしまうわけです

このあたりの
<アプローチの鉄則>
をわかっていないと、

まだ仲良くない女性に
・長い文でメールしたり
・早いペースでたくさんメールしたり
・たくさん女性の長所を褒め過ぎてしまったり

などの致命的なミスを
気付かずにやってしまうので、
注意してくださいね。 ヽ(;´ω`)ノ

【‘仲良くなった後で’好意を示す】
という手順を取ること

そのためには
【こちらの好感度を女性の好感度以下に見せる】
というアプローチのルールを絶対に守ってくださいね。

「こちらが、どのくらい女性を好きなのか?」

は、女性を気持ちを掴むまで

【あいまいにしておくべき秘密】
なのです

「A子は楽しい奴だけど、
まだ別に彼女としてどうとかってわけじゃないよ?」

という立場の‘フリ’をしておいて、
女性がこちらに興味を示したタイミングで

「実は‘オレも’A子のこと良いと思ってるよ」

・・・・というアプローチの流れを掴んでくださいね!

ではまた

(。´・∀・)ノ゙ バィバィ~